生活保護を受けている人はもちろん相続が受けられます。

しかし数万円ならよいですが額が大きいと生活保護は廃止になります。

もう一度申請をする事になります。

厳密に言うと額により停止、廃止の2通りの判断がなされます。

また生活保護者は相続を放棄できません。

基本的に通常貯金がある人や財産を親や親族からまかなえる人は申請しても審査で落とされますよね。

相続もそのひとつでしょう。

 

これは基本的な考えで福祉事務所担当者のケースバイケースの判断という事もあります。

相談するのが一番よいでしょう。