借金で生活が苦しいのが理由に生活保護を受けようとして断られる事が多々あります。

基本的に生活保護は働けない人が生活費としてもらえる最低賃金です。

借金は生活保護法におけるどこにも該当しないものだからです。

いずれにせよ借金からの理由では難しいでしょう。

 

これに対処するには弁護士、行政書士に相談することです。

弁護士や行政書士に相談すれば借金を一時停止にする事ができます。

今は相談無料のところがたくさんあります。

 

しかし「働けなく生活保護費を支給してもらったのですが生活費しかなくでそれでは借金も返せません」という方も

います。そういった方はあまりお勧めできませんが自己破産の手続きをしている方もいらっしゃるようです。

まず最初は担当ケースワーカーに相談する事が先決です。