?

昨今現代ではほとんどの人が高校へ入学をしている状況で高校進学は自立のために必要とされてきた。

子どもの自立、就労させるには高校進学は生活保護制度において対応がすべきだと考えられてきている。

こうしたことから高校入学費用の給付をすることとしており具体的には

学用品費、交通費、授業料などを給付内容とし、

その給付は公立高校における主要額が目安である。

また義務教育の教育扶助と異なり高校入学費用は自立支援の観点から給付するので生業扶助によって行います。

また、授業料、入学金等に関しては、各自治体において実施される減免措置が講じられている場合、生活保護による給付は行えない。