針灸は直接行っても自費で払うことになります。

基本的に整形外科の医師の意見書があればよいとされています。

しかし意見書があっても、鍼灸医が生活保護の登録をしていないと国民保険が使えてもダメです。

お近くの針灸医に登録業者か確認する必要があります。