7月26日千葉県山武市の社会福祉課に所属していた収税課主任主事の男性職員は生活保護者の銀行口座から預金を引き出し着服した事件で山武市はその男を懲戒免職にしたと発表した。着服した金額は45万3000円にも及んびそのお金は生活費に使っていたと証言している。

市は金額を返還して刑事告発は今回は見送るとしたが福祉部長ら4人も戒告などの処分とした。