生活保護の廃止要因になるには以下の場合が考えられます。

①最低生活費を超えた場合。

②死亡、管轄区域を移動した場合。

③福祉事務所の支持に従わない場合。

?

①の場合単に収入が多くなった場合福祉事務所に届け出て廃止となりますが不正受給で申告をしていない場合文章にて廃止を決定します。

廃止決定は

・文章にて指示があったのにも関わらず不正受給を行った場合。

・詐欺罪として告訴した場合です。

?

?