生活保護の条件でパソコンは果たして可能なのかという事ですが事例を見ていくと可能だと言われた方のほうが比較的多いような気がします。

というのもパソコンは基本的に資産と見るか生活必需品と見るか明確になっているわけではないからです。

こればかりは各自治体の担当の判断になる事が多いようです。

もちろん生活するにあたり自立助長や生活維持のために必要不可欠ということであれば無理にやめさせる事は少ないでしょうが単なる娯楽に使うという事であれば話しは難しくなるでしょうというのが見解ではないでしょうか。

?

?