母子加算とは18歳以下の子供を抱える片親の家庭が生活保護世帯となった場合に加算される制度です。

この制度は一旦2009年4月に全廃していますが同年12月1日から復活する旨の告示を公布し、さらには平成22年4月以後も母子加算の継続を決定するに至っている。(厚生労働省基本合意書より2010年4月

?

母子加算

児童1人の場合

23,260

21,640

20,020

児童2人の場合

1,840

1,720

1,610

3人以上の児童1人につき加える額

940

870

800