アメリカにも日本と同様に生活保護制度があります。

アメリカの生活保護制度は

条件はありますが単身で年収83万1600円以下で受給を受けることができます。

子ども2人、両親がいる世帯では165万3000円以下で可能です。

人口の一割以上を占めているアメリカ人の生活保護率は高く日本より何倍も高い。

おもに黒人やヒスパニック系の貧困層が多いようである。

また日本同様、離婚や身体的な病気の影響で働けない人の受給者も多いです。

アメリカの生活保護による扶助の種類は

・一般扶助

・貧困家庭の一時扶助

・メディケイド

・食料スタンプ

などがある。

現在アメリカの生活保護者は3500万人で50兆円に及んだ。

日本の1.5兆円とは比較にならないほどの多さである。

?