生活保護者の親族とは三親頭以内の親族です。

この親族に扶養義務が生じますので福祉事務所から扶養照会というハガキが送られてきます。

扶養照会は「援助できますか」という内容ですが強制的なものではありません。

ですから援助できませんと言うことも可能です。

しかし明確な条件設定があるわけではありませんが明らかに援助できるような年収の高い人などは難しいでしょう。

そして基本的にこの扶養照会は何らかの危険を及ぼすような場合以外は強制的に親族に送られてしまいます。