生活保護者が何らかの形で賠償金を受け取る場合はその金額を福祉事務所に報告しなければいけません。

ですから交通事故の賠償金や自己の物などを壊された場合の賠償金も同様です。

そして壊れた部分などの必要経費は変換しなくてもよいですがその他手元に残るお金は基本的に福祉事務所に返還するとしています。

報告をしない場合不正受給として停止、廃止になる可能性があります。