大阪市高槻市で生活保護費が3000万円不正支出された。

内容は同市元副主幹・近藤正嗣容疑者の詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いである。

講義してきた生活保護者に使ったり、パチンコなどの指摘に利用していたそうである。

現在懲戒免職であり容疑を認めている。