生活保護は国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに自立を助長することをいう。

この自立助長とは「援助なしに自立できるように力を添えて、その成長をはかること」を意味しています。

そしてこの成長とは経済的だけではなく人格的に自立できる援助でなければならないと考えられる。

人格的な自立助長をどのように促していくか生活保護制度にとって今後の課題ではないでしょうか。

?

スポンサードリンク