日本の大阪市などが生活保護世帯で多いと言われているが海外に比べれば少ない。

大阪市の生活保護受給者は20人に1人である事に対して

アメリカ人は9人に1人が生活保護で主にヒスパニック系や黒人が多いようである。

イギリス人でも6人に1人が生活保護を受けている。

このように海外では大阪府より生活保護受給者は全然多い。

現状を踏まえて海外ではさまざまな対策が講じられている。

収入のない人のためにイギリスでは若者に職業訓練を受けさせ、その期間中は生活費を支払い就職できるまで見守る取り組みが国を挙げてなされている。

アメリカでは州立大学に企業の講師を招き、最先端バイオテクノロジーに関する授業を格安で低所得者に学ばせ、地域の安定した労働者に育て上げる取り組みがなされている。