生活保護を受給しようとするとき審査があります。

生活保護を受けるには世帯全員が利用し得える能力や資産などを活用し、なおかつ扶養義務者の扶養が受けられないそんな方のためのものです。

またその上で厚生労働省が定める収入基準に満たない場合支給を受けることができるのですj。

ですから生活保護を受けるには以下のような内容を審査されます。

1.資産の活用

預貯金や売却などができる土地、建物があれば生活費に充てるように指導されます。

2.能力の活用

生活保護は自立助長が基本ですので働ける人は能力に応じて働くよう指導されます。

3.あらゆるものの活用

例えば年金や手当てなど他の制度が使える方はその給付をうけるよう指導されます。

4.扶養義務者の扶養

親族等で援助を受けることが出来る方は援助を受けるよう指導されます。

?

生活保護はこのような審査を通らなければ受給を受けることができません。