生活保護の要件とは下記の項目を踏まえた上で厚生労働省が定めた最低生活費と収入を比較し、収入が最低生活費に満たない場合に、最低生活費から収入を差し引いた差額が保護費として支給されます。

→厚生省が定めた最低生活費とは

資産があると生活保護受給者にはなれません

預貯金があるひとや一戸建て、土地などの資産がある方はその資産を売って生活することが可能ですし、運用して生活することも可能です。

働ける人は働いてください

各生活保護の福祉担当窓口では申請者が本当に働けないか厳正に審査します。

精神面で働けない方もいると思いますが医師の診断書などがなければ難しいでしょう。

他の制度などが使える方はそれらを使ってください

例えば年金をもらっている方はそれを活用してください。

介護保険を使える方はそれらを使ってください。

その上で生活保護の最低生活費に満たない方はその足りない分が受給されます。

家族など親族がいる方は援助をしてもらってください

親、兄弟等からなるべく援助をうける形で行動してください。

援助は強制ではありませんが少なくとも扶養照会というハガキが親族へ郵送で送られてきます。

DVなど何らかの事情がある方はあらかじめ福祉担当者へ相談しておいた方が良いでしょう。

?