もともと世帯分離は例外的なものですから一度世帯分離したものでもその後の事情の変化により当然世帯分離の取扱いをやめる事ができる要否と程度を判断してもらえるだろう。

判断は個々の事例ごとに実態に即し判断する事になるが基本はあくまでも世帯の原則と世帯分離の本旨に立ち返って行われることになるだろう。