母子家庭の生活保護者は年々増加傾向にあります。

さて母子家庭はいくらぐらいもらっているのでしょうか。

それは住んでいる地域によって異なります。

自分の級地を調べるには→級地検索へ

(生活保護母子家庭世帯の例)

  標準3人世帯 母子世帯
(33歳、29歳、4歳) (30歳、4歳、2歳)
1級地-1 175,170 193,900
1級地-2 167,870 187,470
2級地-1 160,580 179,310
2級地-2 153,270 172,880
3級地-1 145,980 164,730
3級地-2 138,680 158,300

※賃貸の上限額はありますがこれとは別に家賃補助もプラスされます。

■母子加算の説明

上記例には母子加算が含まれています。

一時は母子加算は廃止されましたが2009年の政権交代で復活しています。

これは生活保護者一人で子育てしている家庭には増額してくれる制度である。

母子家庭の場合、保護費が児童1人辺りに加算されています。?

(母子加算)

加算できる対象

1級地

2級地

3級地

児童1人の場合

23,260

21,640

20,020

児童2人の場合

25,100

23,360

21,630

3人以上の児童1人につき加える額

940

870

800