最近は外国人問題、年金問題などで生活保護の偏見は増えつつあります。

しかし生活保護を受けている人の大多数は社会復帰を望んでいます。

よく掲示板などで見ているような「ぬるま湯に使って楽をしてしまおう」とする人はほんの一部だと私は信じています。

私がそう思ったきかっけはこのサイトを見てからです。

ご自身も生活保護を受給し実体験から社会復帰するまでを描いています。

生活保護という法律は日本を豊かにするための法律です。

実際に一時的にこれを利用し社会復帰して税金を納めている人もいます。

もしもこの法律がないとすればとても社会復帰するまでに自身の生活がもたないでしょう。

外国に行くとストリートチルドレンやホームレスが溢れています。

どんなに豊かと言われていてもこれを見てしまうと格差社会と言うのでしょうか良い国だとは思えません。

生活保護制度は豊かな日本に必要な法律でありこれを利用する側がどんな形でも前さえ向いていれば否定するものでもないと私は考えます。