生活保護者にとってケースワーカー(CW)は窓口でもあり相談などのアドバイザーでもあります。

生活保護の受給を受けようと福祉事務所の窓口に行くとケースワーカーが担当し保護開始、変更、停止、廃止まで取扱います。

そしてこの決定は生活保護法に基づいて行われすが法律の運用や解釈の一部は現場の裁量に委ねらることになります。

受給を受けてからも不正受給などが無いよう何度か交流する事があります。

たとえば家庭訪問などがあります。

生活状態や変化を調査しにくるわけですからあらかじめアポイントをとってくるわけではありません。

家庭訪問の頻度は様々ですので月に1回のケースもあれば3ヶ月に1回の受給者もいます。

入院や施設に入所している人も同様で訪問頻度は少なくなりますがケースワーカーが訪れることがあります。

?

ケースワーカーについて

ケースワーカーは福祉事務所の職員の通称でありソーシャルワーカー、現業員、地区担当員とも言われます。

そしてケースワーカーは地域ごとあるいは分野ごとに担当し生活保護以外にも高齢者、障害者、児童の相談にも乗る公的機関で現業に従事する職員でもあります。

?

?

スポンサードリンク