生活保護を受給する上での資格の具体例はありますか?

基本的に下記が受給資格になります。

・所得の合計が生活保護制度で定める最低生活費より少ない

・働く意欲があるが働けない事情がある方

・生活を助けるための資産がない(土地、預金等)

・自分を扶養してくれる、援助してくれる近親者がいない。

これらと全てクリアしなければ受給資格はありません。

また細かな点で各地方自治体担当の意見が異なる場合があります。

まずはお住まいの地域の生活保護担当へご相談を。

生活保護の最低生活費を計算する方法はこちら