生活保護を受けようとする者は生命保険を原則解約していただきます。

生命保険の解約返戻金があるときは処分などして生活費に活用できるものは活用するとしています。

また、生活保護受給中に解約をされ、給付金を受けられた場合は、支給した生活保護費に応じて、返還していただきます。

ただ掛け捨てタイプや返戻金が少額であり、かつ、保険料額が当該地域の一般世帯との均衡を失しない場合はケースにより可能となる場合もあります。

・解約返戻金が少額であるの判断基準は、最低生活費(医療扶助を除く)のおおむね三か月程度とする。

・保険料額が当該地域の一般世帯との均衡を失わない程度の判断基準は、最低生活費(医療扶助を除く)の一割程度を目安とする

としています。
詳しくはお近くの福祉相談窓口にお問合せください。

スポンサードリンク