この度の東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

平成23年3月11日の東日本の大震災のために被害にあわれ生活保護を受けた世帯は702世帯と厚生労働省は発表している。

その中でも福島県の福島第1原発事故で避難した世帯が多く391世帯(全体の56%)で過半数以上となっています。

(その他の県)

・宮城県180世帯

・茨城県78世帯

・岩手県43世帯

と続く。

(被災により生活保護を受けた世帯)

その他世帯(一般世帯など)・・・347世帯

高齢者世帯・・・139世帯

障害・傷病者世帯・・・138世帯

母子世帯・・・78世帯

厚生労働省はこの後も失業給付がなくなれば生活保護を申請する被災者も増えると見ている。

被災者の方は被災地での生活保護申請は現在可能です。

生活保護を受けるには収入証明や土地などの権利書なども必要だが今回の地震はとても異例な件ですので被災者の方はさまざまの事が優遇されています。

詳しくはコチラ