生活保護制度では、以下のように生活を営む上で必要となる各種費用に対応して扶助が給付されます。

  • 生活扶助 日常生活に必要な費用(食費・被服費・光熱水費等)基準額は、 ①食費等の個人的費用(年齢別に算定) ②光熱水費等の世帯共通的費用(世帯人員別に算定)を合算して算出。特定の世帯には加算があります。(母子加算等)
  • 住宅扶助 アパート等の家賃定められた範囲内で実費を支給
  • 教育扶助 義務教育を受けるために必要な学用品費定められた基準額を支給
  • 医療扶助 医療サービスの費用費用は直接医療機関へ支払(本人負担なし)
  • 介護扶助 介護サービスの費用費用は直接介護事業者へ支払(本人負担なし)
  • 出産扶助 出産費用定められた範囲内で実費を支給
  • 生業扶助 就労に必要な技能の修得等にかかる費用定められた範囲内で実費を支給
  • 葬祭扶助 葬祭費用定められた範囲内で実費を支給