生活保護、運転免許の更新は?

生活保護を受けている方は、基本的に自動車の所有は認められていません。地域によっては運転することもできませんし、レンタカーを借りることもできません。これは万が一事故を起こした時に補償能力が無いことから来ています。自分で任意保険に加入することもできませんので、相手に怪我をさせてしまったら大変ですから・・・。とはいえ、免許証というものは身分を証明するものとしても使えるので、取得した以上更新くらいはしたいもの。ということで、生活保護を受ける前に運転免許証を持っていたら、更新はできるのでしょうか?

「更新はOK」

です。別に免許の更新をするのは生活保護法に抵触することはありませんので大丈夫です。ただし、運転できるかどうかは、地域の状況や仕事で絶対に必要、または障害があるため必ず必要など、福祉事務所から絶対的なOKをいただかないと乗れないのは、言うまでもありません。

生活保護、運転免許更新の費用は?

保護費の中に生業扶助というものがありますが、生業扶助の中に免許更新の費用は入っていません。ですので、保護費を少し切り崩して費用を捻出するか、ちょっと貯金して更新料に充てるしかありません。更新料自体はそれほど高いものではないので、頑張って貯めてください(恐らく保護費を切り詰めて免許の更新費用を貯めることに文句は言われないと思います)。

🚗優良運転者:3,000円(皆さんここが多いと思います)。
🚗一般運転者:3,300円。
🚗違反・初回運転者:3,850円。

という費用がかかります。このお金以外に、更新する場所が遠ければ交通費がかかりますので、4,000円くらいは必要になるかもしれません。

※「違反運転者」と記載しましたが、生活保護者で車に乗って良いのは、よんどころない事情を持っている方だけなので、そもそも違反をしているというのはなかなか無いと思います(笑)。