生活保護法(せいかつほごほう、昭和25年5月4日法律第144号)は、生活保護について規定した日本の法律である。社会福祉六法の1つ。生活保護法の目的は、「日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること」(第1条)とされている ○生活保護法の第1章~11章までと附則、別表です。

第1章 総則

第2章 保護の原則

第3章 保護の種類及び範囲

第4章 保護の機関及び実施

第5章 保護の方法

第6章 保護施設

第7章 医療機関、介護機関及び助産機関

第8章 被保護者の権利及び義務

第9章 不服申立て

第10章 費用

第11章 雑則

別表

附則