生活保護の受給申請は簡単に説明すると親族で援助できると人がいれば申請は通らない。

そのため親族に「この人を援助できますか?」という事で扶養照会が送られてきます。

要は本当に扶養ができないのかどうかを確認する扶養依頼である。

しかし中には援助する事により自分の生活までもが出来なくなる方がいます。

ですから基本的に強制力はありません。

また扶養照会により生活保護申請者になんらかの決定的害を及ぼすような場合は必ず福祉担当者へご相談ください。内容によっては相談に乗ってくれます。