生活保護の質問でよく年収の上限を聞かれますがこれは実は人それぞれなのです。

例えば世帯が1人の人と5人の人の年収の上限が同じだったらおかしいですよね。

まず年収のがどれだけあったらもらえるかを計算します

下記の項目を全部足します。(最低生活費算出方法

①生活扶助基準・・・第1類費:個人的経費(飲食物、被服費など)                             
                     +
②生活扶助基準・・・第2類費:世帯共通的経費(光熱水費、家具什器費など)
                     +
③加算額・・・障害者、母子加算(子供の数に応じて)
                     +
④住宅扶助・・・家賃、地代(厚生労働大臣が定める額の範囲内)               
                     +
⑤教育扶助基準・・・小学校2,150円、中学校4,180円(その他給食費などの実費)
                     +
⑥介護扶助基準・・・居宅介護などにかかった介護費の平均月額
                     +          
⑦医療扶助基準・・・診察などにかかった医療費の平均月額

それで出たあなたの最低生活費を算出し例えば仮に25万円だったとしましょう。

そして年収が20万円だった場合。

25万-20万円=5万円

よって不足分の5万円が支給されます。

もちろん超えていたらもらえません。

しかしこれはあくまでも年収の上限を計算するためのもので生活保護をもらうには条件があります

それはどうしても働けないからといった理由や親族からの援助がもらえない、資産がない、預貯金がないなどお金に換算できるものがない等の場合に限られます。

スポンサードリンク