平成23年11月22日厚生労働省は、今年の9月の時点で生活保護者が206万5896人となった事を発表した。

2011年7月から60年ぶりの過去最多を更新し続けている。

これは失業、高齢化、うつ病などの病気など現代社会が迎える大きな課題と連動しているからだろう。

それに震災の被害も重なり、これからもますます増え続ける可能性は否めない。

厚生労働省はこのような受給者を増やしすぎないよう就労支援 職業訓練見直しなど様々な対策検討をしている。

スポンサードリンク