扶助の種類は全部で8つあります。

その7つの扶助には「一般扶助」、「一時扶助」、「特別基準」というものがあります。

特別基準とは何かの必要額が足りないときにプラスしてもらえるもの。(家賃額など)

一時扶助とは臨時的な経費です。(被服費、住宅維持費、家具什器費など)

?

扶助の種類

生活扶助・・・食べるもの、着るもの、水道、ガス、電気代など暮らしのために必要な費用
教育扶助・・・学用品、給食費など義務教育に必要な費用
住宅扶助・・・家賃、地代、家屋の補修などに必要な費用
医療扶助・・・病気やケガの治療のために必要な費用
介護扶助・・・居宅介護、施設介護、住宅改修など介護に必要な費用

生業扶助・・・技術を身につけたり、仕事を始めるために必要な費用
葬祭扶助・・・お葬式をするために必要な費用
出産扶助・・・出産するために必要な費用

※医療扶助を除いては金額で基準額が決められています。