11月9日、岡山市北区冨田、無力の男性桐木誠次被告40才と倉敷市生坂の無職、小野真野被告36歳が引越し代金と偽り生活保護費を不正受給した。不正受給した金額は22万8千円で引越し代金、敷金として騙しとったようだ。

平成18年12月に引越し代金として不正に騙し取ったとしているが逮捕まで随分と時間がかかったようである。